会社設立のため会社の種類について、詳しく丁寧に解説するサイト『会社設立!会社の種類なにがある?』
会社設立のため会社の種類について、詳しく丁寧に解説するサイト『会社設立!会社の種類なにがある?』

現在日本の会社には、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4種類があります。
以前は有限会社もありましたが、2006年5月に廃止され、新たに有限会社を作ることは
できなくなりました。
この4種類のうち合名会社と合資会社を作る人は少なく、一番多いのは株式会社です。
会社設立をしようという方のほとんどは、株式会社を設立することになると思います。
会社設立=株式会社といってもいいくらい、株式会社はメジャーでもあります。
また廃止された有限会社にかわり、有力な選択肢として合同会社もあります。
これは2006年5月に出来たばかりの新しいタイプの会社で、設立費用が株式会社よりも
安いことや利益分配が柔軟にできることから、少人数での起業に適しています。
このサイトでは会社の種類と特徴、株式会社との比較などをまとめています。
会社設立を考えている方のお役に立つようであれば幸いです。

 

いざ会社設立

これから会社を設立しようと考えている方のなかには、株式会社にするか合同会社にするか、迷っている方も多いと思います。

株式会社と合同会社

株式会社と合同会社の違いとしては、機関設計の自由度、損益の配分比率、設立時の法定費用、決算公告義務などがあります。

合同会社とは

2006年の会社法改正により新設された会社組織で、小規模企業に最適な会社組織です。

合名会社

合名会社とは、無限責任社員のみで構成された閉鎖的会社です。無限責任の社員だけで構成され、原則として社員全員が会社の代表者となります。

有限会社

現在日本には約250万社の法人があり、そのうち株式会社は約100万社、有限会社は約140万社で、法人全体の9割以上を株式会社と有限会社で占めています。

株式会社のメリット

合同会社をいう言葉を知らない人はいても、株式会社を知らない人はいません。やはり株式会社のブランドや信用度に魅力を感じている方も多いと思います。